日々、高血圧診療に携わる医師が、高血圧とのかしこい付き合い方を解説します。知識があれば、自分の血圧は自分で管理できます。

管理人ブログ 〜診察室こぼれ話〜

  • HOME »
  • 管理人ブログ 〜診察室こぼれ話〜

ARBの一大勢力、オルメテック

現在、高血圧の治療薬で二大勢力といえば、カルシウム拮抗薬とAT1受容体拮抗薬です。カルシウム拮抗薬は血管を収縮させる筋肉を緩めて、血管が拡張することで血圧を下げる薬です。アムロジピン(製品名:アムロジン、ノルバスク)がそ …

高血圧の配合剤はPPAP?(普及しない訳とは)

高血圧の治療薬に配合剤というものがあります。配合剤は一つの錠剤に二種類以上の成分が入った薬です。一粒で二度おいしいという訳です。 高血圧で治療中の患者さんは、二種類以上の薬を服用している事が珍しくありません。場合によって …

寒いと血圧が高くなる その原因と対策

冬になると血圧が高くなる人がいます。それは、高血圧の治療をしている人だけの話ではありません。普段はあまり血圧が高くない人でも、冬になると血圧が上昇している事があるのです。 原因として一番に考えられるのは気温の変化です。寒 …

ジェネリック薬

増え続ける医療費を少しでも抑制するため、国はジェネリック薬の普及に力を入れています。実際のところ医療の現場では、ジェネリック薬品の割合は年々増えてきています。ここ数年で普通に見かけるようになってきたジェネリック薬品ですが …

「高血圧の薬は止められない」と思っていませんか?

外来で、血圧の高い人に降圧薬の処方を始めようとすると、 「でも、血圧の薬は一度始めると止められないって聞くから、できれば飲みたくない」という言葉をよく聞きます。 一体、誰が言い出したのかわかりませんが、一般的に浸透してい …

風邪をひいて医療機関を受診する意味はあるか?

冬になると、「風邪をひきました」といって外来を訪れる患者さんが増えます。受診する前から、自分で診断がついているんです。「悪くなる前に、早めに来ました」という方もよくいます。症状は様々ですが、「少しのどが痛い」「鼻水がでて …

日光を浴びると不眠が改善する?

内科の外来をしていると、睡眠障害で受診する人が結構います。本来なら、精神科や心療内科で診断・治療するのが良いと思うのですが、それらの科は敷居が高いのか内科にやってくるのです。また、高血圧や糖尿病など、他の病気で通院してい …

自動血圧計でびっくり!

ある日の当直時間帯のことです。 「血圧が高くて心配なので受診したい」という患者さんが来ました。 以前より、他の医療機関で高血圧の薬を処方されていたようですが、ここ数日は収縮期血圧(上の血圧)が200以上の状況が続いている …

運動で高血圧を改善・予防しましょう

運動をすることは、高血圧の人は血圧を下げる効果があり、まだの人は発症を予防する効果があります。  (運動不足 《高血圧の予防・改善に重要な5項目》もご参照ください) 運動なら何でも良いという訳ではなく、高血圧の改善に適し …

基準値ってなに?③〜医療コストという視点から〜

前回記事『基準値ってなに?②〜新たな基準値の裏側〜』からの続きです。 病院で行われる治療はその性質から大きく二つに分けられます。 一つは、「いま起こっている病気や怪我を治療する」こと、もう一つは、「将来に起こりそうな病気 …

1 2 3 »

サイト内検索

カスタム検索
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 高血圧DIYガイド All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.