日々、高血圧診療に携わる医師が、高血圧とのかしこい付き合い方を解説します。知識があれば、自分の血圧は自分で管理できます。

病院・クリニックへ行く前に

『健診で血圧が高め⇒病院・クリニックを受診』の流れが、不必要な高血圧治療を生むこともある!

「血圧が高いと指摘された=高血圧」という訳ではありません。
「自分は本当に高血圧なのか?」「そして、本当に治療が必要なのか?」
まずは良く知る必要があります。その理由は…

残念な事ですが、医師にも色々います。中にはいい加減な診療をしている所もあるのが現実です。
これは大病院であろうと、小さなクリニックであろうと関係はありません。
ただし、病院で雇われている医師と違いクリニックは自営業です。ですから、診療する患者の数が自分の収入に直結しています。
もちろん、大半のクリニックの先生方はポリシーを持って診療にあたっていると思いますが、利益優先の運営をしているとしか思えない所も時々見かけます。
もし、健診や人間ドックで血圧がやや高めと指摘された人が、そんなクリニックを受診したらどうなるか?
ほぼ間違いなく、高血圧の治療薬(降圧薬)を処方されて帰るでしょう。定期的に受診してくれる患者が一人増えるチャンスを逃すはずがありません。
しかし、健診や人間ドックで測った血圧が高めだからといって、その人たちの全てが降圧治療(血圧を下げる治療)を必要としているわけではないのです。
では、大きな病院へ行けば適切な治療を受けられるかというと、そうとも限りません。
「血圧が高め?では薬を出しておきます」
と、流れ作業で降圧薬の処方が始まっているケースもあります。色々と話を聞いたり説明するよりも、その方が手っ取り早いからです。
施設の大きさや看板で診療の質が決まるわけではないのです。

では、高血圧の治療が必要な人と必要でない人はどうやって判断したら良いのでしょう?
まず大前提として、『病院、特に診察室で測る血圧は参考にならない』
ということを知っておかなくてはなりません。
これは別に、測り方がいい加減という訳ではありません。
『病院・クリニックにいると、緊張感から血圧が高くなる人が多い』という事です。
外来診療をしていると、高血圧で通院されている方の半数近くはこの傾向があるように思われます。
これは、健診・人間ドックにも当てはまることです。病院で健診・人間ドックを受けた時の血圧は、普段よりも高くなっている場合があるのです。

 普段の血圧は正常なのに、健診・人間ドックで高血圧を指摘され病院へ行く。
 ⇒そこで血圧を測ると、やはり高いので降圧薬の処方が始まる。

という事が起こりうる訳です。
高血圧を指摘された人がすべき事は、病院・クリニックに慌てて駆け込むのではなく、『自分が普段から血圧が高いのかどうか』を知る事です。そのためには、自宅で血圧を測る必要があります。幸い、家庭用の自動血圧計が簡単に手に入りますので、それを買って自宅での血圧を測ってみましょう。それでも血圧が高いことを確認してから医療機関を受診しても遅いということはありません。
正しい血圧の測り方

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

サイト内検索

カスタム検索
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 高血圧DIYガイド All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.